最新情報

神戸新聞に「子どものお金」についてインタビュー記事が載りました(6/3)

6月3日、神戸新聞の子育てコーナー特集に「子どものお金」についてインタビュー記事が載りました(福一)
11A486B3-70AF-47B7-A726-A4239C61F554.jpg

子どもの教育費の実態、それに対する心構え、やるべきことなどをご紹介しました。私が色々とお話ししたものを、きっちりまとめてくださって、さすが、プロの仕事という感じです。

ありがとうございました。

「自営業のためのマネーセミナー」開催しました(5/31)

5月31日、神戸お稽古サロンさんにて、「自営業のためのマネーセミナー」を開催しました。(福一)

当日は各界で大活躍の女性経営者のために、自営業者のためのお金のあれこれをご紹介しました。自営業者といえども、年金関連はそれぞれ事情が変わります。また、自分のためのお金を節税しながら貯める制度も(よく知られていないものまで)ご紹介しました。

DB1D2300-880F-408B-B05B-B53DA1168E7B.jpg0766222A-9A04-4AF6-8790-566109FB94C0.jpg

受講されたみなさまは、それはもうキラキラ輝く方ばかり。それぞれの分野ではピカイチの最前線でご活躍の方々でしたので、こちらも元気をたくさんいただきました。
主に阪神間の経営者でしたが、中には長崎からご参加いただいた方も! 本当にありがとうございました。

4F85B9F4-1D43-41ED-BEF6-6A51C6784932.jpg3DC6ABB2-7AB0-468A-A11E-FDE41C295E5A.jpg

セミナー後は、神戸お稽古サロンさんオーナー森本千文さん手作りの「身体に優しい発酵食品、グルテンフリーのランチ」をいただきました。どのお料理も絶品で、毎日いただきたいくらいの美味しさでした。

次回開催のリクエストもいただいています。この自営業シリーズも続ける予定です。

「PHPくらしラク~る6月号」に記事が掲載されました

「PHPくらしラク~る6月号」に記事が掲載されました。(福一)
S__18161704.jpgS__18161703.jpg

「金持ち老後 vs. ビンボー老後」特集号で、「貯金額100万円・500万円・1,000万円のカベの乗りこえ方 」の記事を担当しました。

7ぺージにわたる読み応えのる記事です。貯金額別の落とし穴もご紹介しています。

バックナンバーとして購入することもできますので、よろしくお願いいたします
PHPくらしラク~る 2018年6月号

「ひとり親家庭向け子育てセミナー」(3/13 奈良県)実施しました

奈良県スマイルセンター主催の ひとり親家庭のお母様・お父様及び寡婦対象「平成29年度 子育てセミナー」を実施しました(3/13)(福一)

内容は
教育費と奨学金のおはなし
・子育てにかかる教育費はどのくらい?
・奨学金にはどんなものがあるの?
働き方と社会保障のおはなし
・健康保険・雇用保険・年金ってどんな制度?
・働き方で変わる社会保障制度について

20180313nara.jpg

「子育てママのマネー & ライフプラン」セミナー(2/22 丹波市)実施しました

2月22日「子育てママのマネー & ライフプラン」セミナーを丹波市で実施しました。(福一)
毎年、丹波市の子育てマネーセミナーによんでいただき、今年度も担当させていただきました。

内容は
◆子育てのマネー事情を知る
◆社会保険・税金の仕組みを知り、
      「〇〇円の壁」の実態を知る
◆将来設計の立て方、夢を実現するために
          必要なことを考える

小さいお子様を見ながらのセミナーは、毎回癒されます。
このお子さんたちが、楽しく成長されますようにと願って、お話しさせていただきました。

「かしこく働くマネープラン」実施しました(2/20 加東市)

兵庫県加東市 女性のための就労支援セミナー(男女共同参画セミナー)「かしこく働くマネープラン ~扶養の範囲内で働くとは~」を実施しました。(福一)

当日の内容は、
◆「〇〇円の壁」の基礎となる制度を知る
  所得税、社会保障制度
◆「〇〇円の壁」の実態を知る
  103万円、150万円、130万円、106万円
◆ 自分自身の壁を知り、わたしの働き方を考える 

実際に色々な働き方をされている方が多く参加されており、今後の働き方を真剣に考えておられました。

20180220katou.jpg

「2018年わたしの働き方~配偶者控除が変わる~」セミナー実施しました(11/12 豊能町)

大阪府豊能町税務課主催の「2018年わたしの働き方~配偶者控除が変わる~」セミナー実施しました(11/12)
なんと、税務課からのご依頼で、配偶者控除がどう変わるかという内容でした。
やはり、今年は新たな150万円の壁の話が多いです。

内容は
◆「〇〇円の壁」の基礎となる制度を知る
  所得税、社会保障制度
◆「〇〇円の壁」の実態を知る
  103万円、150万円、130万円、106万円
◆自分自身の壁を知り、わたしの働き方を考える

でした。
積極的な質問もでて、それぞれがどのように働けばよいかをさぐっていらっしゃるようでした。
少しでも、これからの働き方を考えるきっかけになれば嬉しいです。

写真がなかったので、チラシなど・・・↓
panfu.jpg

女性のための再就職支援講座実施しました(11/4,11/11 奈良)

奈良県女性センター主催「女性のための再就職支援講座」を実施しました(11/4,11/11)
2日連続講座で、これからかかるお金やライフプラン表、扶養や配偶者控除の話などをお伝えいたしました。
fukuichi.jpg
1日目は
◆これから必要になるお金と貯め方を知る
 → 教育、老後
◆働き方で変わるセーフティネットを知る
 → 社会保険制度、税金制度 
 
◆将来設計の立て方、
  夢を実現するために必要なことを考える
 → ライフプランニング、マネープランニング

2日目は
◆ライフプラン表から対策を考える
 → 収入、支出、投資(?)
◆働き方で変わる社会保険と税金を知る
 → 103万、130万と新たな150万のカベ
◆将来の生活、働き方を考える
 → 今後の社会保険制度、税制の動向

といった内容でした。2日講座のいい所は、1日目にライフプラン表の作成を宿題でだせること。
その結果をもとに2日目スタートできますので、受講者の方も自分自身のことに置き換えて考えられます。
それぞれの対策もその場で解決していくので、より濃い内容になります。

やはり、ここでも103万円、130万円の壁、それに新しい150万円の壁と106万円の壁。
それぞれの元となる制度や今後の動向などボリュームもたくさんでしたが、2日にわたってとなると、復習もしながらできます。この手のセミナーは2日連続講座がおすすめですね。

【受講者の声(抜粋)】
・丁寧に教えていただき、具体的な数字も示していただいたので分かりやすかったです。
・社会保険の話がよく分かりました。
・内容はとても自分や家族の未来を明るくするもので申し込んで良かったです。
・疑問に思っていたり、今後の働き方をどうしたらいいか迷っていたことを質問して、お答えいただけて「こうしたらいいんだ」と働くことを前向きに捉えられた。
・就職に向けての知識が増えました。
・働くにあたってパートか正社員か、子どもが小さい間は悩みだったのですがとても勉強になりました。

主催者 奈良県の講座報告は こちら → 平成29年度 女性のための再就職支援講座 講座開催報告

「今のままで大丈夫!?家計診断と教育費などについて」セミナー実施しました(10/29 豊中)

NPO法人の「しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西」さん主催の「今のままで大丈夫!?家計診断と教育費などについて」セミナーを実施しました(10/29)。

前半に教育にかかる費用と奨学金制度を学び、後半第2部でワークショップで自分の家庭の家計診断をするという実践ありの講座でした。

第一部の内容として
◆教育にかかる費用と奨学金などの制度を知る
◆家計のバランスを考える
◆教育費などの効率的な貯め方、考え方
という流れで説明しました。
新たにできる給付型の奨学金ですが、多くのシングルご家庭では使えないものです。
その点、今後の政策がどうなるかを注目しないといけません。

後半は、グループごとに家計などの困り事をシェアしていただき、自分自身の家庭の1か月の家計簿診断を簡単にいたしました。少しでもお役にたてられたら嬉しいです。

主催者「しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西」さんのセミナー報告はこちら → 10月29日(日)「シングルマザーとサポーターのためのセミナーと交流会~今のままで大丈夫!?家計診断と教育費などについて~」を開催しました。

「子どもにかかる教育費と ライフ&マネープラン」セミナー実施しました(10/20 奈良県川西町)

奈良県磯城郡川西町の平成29年度 男女共同参画講座として、「子どもにかかる教育費とライフ&マネープラン」セミナーを実施しました(10/20)。

内容として、
◆教育にかかる費用を知る
◆進学のための制度を知る
 奨学金、教育ローンなど
◆ライフ & マネープラン
といった流れで、教育費についてご紹介しました。

お子さんも色々な年代の方がいらっしゃいましたが、それぞれにどうしたらいいか?はお伝えできたのではないかと思います。

参加いただいた皆さんのアンケートにも、今後の働き方や生活を考えるきっかけになったとの感想が。
少しでも皆様のお役にたてられたら嬉しいです。

Top